Top

ANTIQUEと暮らす             スローライフ
by ROSHIBU
検索
カテゴリ
Profile
Slow Life
Interia
Antiques
Gardening
LONDON
LONDON/Collectibles
Cat
Collaboration
BOOK
LINK
以前の記事
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
FAVOURITE BOOK
掲載して頂いています
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Apricot Liquor
d0047662_6452513.jpg風が強く吹けば吹く程、それは

春が近付いている証拠。。。

冬の間ハンキングで花を楽しませてくれた

ビオラ・アプリコット

口の回りの黄色がチャーミングです。

風に吹かれ寒そうにしていたので

Liquor Glassにそっと

浮かしてあげました。

日だまりの中のBathtubで

ビオラが気持ち良さそうにしていました。

春はもうすぐです…
[PR]
by roshibu | 2007-02-28 07:08 | Antiques
イベント?
d0047662_21473181.jpg
昨夜はいつも何かとお世話になっているcafe shibakenで恒例の毎月末の土曜日に行われるイベントに行って参りました。今月のイベントはcafe shibakenを花でいっぱいにする企画、なんとも魅力的ではないですか!そう…昨夜はとても風が強く寒い日でしたが、お店に着くと春の訪れを感じる様な見事に色付いた沢山の
ミモザが私達を迎えてくれました!お店に入るとROSHIBU APARTMENT303 in waterでお世話になった
“こさっち”が笑顔で…いや、風邪をひいてるらしくマスクで迎えてくれました。
それもなんだか懐かしいマスクで(笑)冬の花屋で風邪をひくと辛いだろうねぇ(お大事にね…)で、話は戻り
今回お店に寄ったのはもちろんイベントも楽しみにしていたのですが、野の花屋オーナー安西さんと
がっちゃんさんと打ち合わせ。。。そして、なんと!4月末〜5月の上旬にかけてcafe shibakenで私共が
イベントを行う事が決定しました!!(言っちゃった…)
まだまだ詳しい事は決まっていないのでこの記事を読んで頂いた方は頭のどこかに覚えて頂けたら幸いです〜後日、またご連絡させて頂きます!あ、いつもコチラのblogへカキコして頂いてる方々様、イベントに行けなくても気にしないで下さいね!私もいつも行けてないので…(笑)ただ、応援して頂けたら嬉しいです。
さぁ〜サラリーマン、頑張るのだ!
[PR]
by roshibu | 2007-02-25 22:37 | Slow Life
青のmotif
d0047662_0325241.jpg
ヴェロニカ オックスフォードブルーという名の深く濃い青色の小さな花に出会いました…。
ツル状に這うその姿は生きたmotifですね。
d0047662_033785.jpg
オックスフォードブルーに装飾されたこの古い容器は咳止め薬が入っていました。
咳止めも良いですが早く花粉止めの薬を発明してもらいたいですね。。。。あぁ〜目がかゆいよぉ〜
[PR]
by roshibu | 2007-02-25 01:09 | Antiques
Love カメラ(Vol.6)
d0047662_21462847.jpg
待ちに待った宝島社Love カメラVol6が発売されました!なんだか凄い面子の中に見知らぬ名が…
roshiって誰よ?などと日本中から呟き声がこだましています(笑)で、私の写真は4ページにわたり
12点がライター江沢さんの素敵な言葉で飾られています。「江沢さんありがとう!」
今回のLove カメラのテーマ【大切なものを大事に撮る】その中の私のカテゴリーは Antique…
そして<モノに秘められたストーリーを写す>というサブタイトルを付けて頂きました。
「モノの背景に一層思いが深まる…」Antiqueを写すという事、こんなに贅沢で豊かな時間はないでしょう?
Loveカメラ Vol.6—大切なものを大事に撮る (6)
/ 宝島社
スコア選択: d0047662_2363884.jpg
[PR]
by roshibu | 2007-02-22 22:20
JUNK STYLE Collection
d0047662_2136247.jpg【JUNK STYLE】
という言葉がハマるこのアイテムは、以前から探しに探していた物でした洋書のページの中でなにげなく鉛筆が挿してあったこのメッシュの金物は恐らく排水溝によくあるゴミ取りを使用しているのかと思っていたのです。

店主の答えを聞いて唖然…
なんと花を生ける為の物、
そう!日本でいう剣山のような物なんだそうです。
なるほど!重量もあるので
水に沈むし花が生けやすそうですね…歴史や物語を感じる古物ではないですが、この様なJUNKな物の魅力には肩の力が抜けた不思議な魅力を感じます。
「当たり前の物が当たり前の様に見えない」そこには環境の違い、そして文化の違いがあるのですね、またそこから時に思わぬ発見や想像が生まれるのだと思います。
子供の頃ゴミ捨て山で遊んでいた私は30年近い月日が経っても全然変わっていないのかもしれません(笑)
[PR]
by roshibu | 2007-02-21 23:01 | Antiques
古い鏡
d0047662_1623324.jpg
額と鏡の関係に何を感じますか?
絵にとって額は住まいだと…確かにその通りですね、そこに暮らす物がどんなに着飾っていても暮らしている【住まい】が貧しければその姿はとても滑稽に写るのかもしれません。その物にふさわしい【額】を与えられた時、その物の魅力は初めて輝くのでしょう…ならば鏡と額の関係は。。。鏡はもろく割れやすく素手で扱うには危険であります。鏡は人を映す為に作られた物、鏡に映った自分はいま満たされているのでしょうか?d0047662_1658471.jpg欲で形成された人が満たされる事は永久にないでしょう…しかし毎日映る自分は毎回違う表情を見せてくれます。良い事があった時、悲しい事が起きた時、だから今日も鏡に自分の姿を映すのかもしれません。そして、その自分が映る【住まい】には希望を込めた
華やかな【額】もいいでしょう…ただ今の私には華やかな
【住まい】は少々疲れてしまうので、真面目で誠実さが宿っているこの古い額に自分を映す事にします…。先日、素晴らしき古物の仲介人Rudi氏から譲って頂いたこの古い鏡、長い年月沢山の表情を受け止めてきたのでしょうね…額に映る姿はとても柔らかく心を和ましてくれる様です。そして、その物を選ぶ人柄もその物に宿るのでしょう…
3月10日にオープンを控えている恵比寿の〈ECRITURE〉を覗かせて頂きました! 古田氏とRudi氏による
古物とジュエリーとのコラボレーションが展開される店内はまだ工事中ではありますが壁や床、棚などが設置され新しき命が吹き込まれるのを待っているかの様でした…そんな店内で古物談議に花を咲かせ楽しい一時を過させて頂きました。そこでRudi氏やYokoさんから素敵な言葉を沢山頂きました、
この場を借りて「ありがとうございました」
d0047662_17521581.jpg
[PR]
by roshibu | 2007-02-20 17:46 | Antiques
Tea Weighing Spoon
紅茶を愛する国で作られた、茶葉の計量スプーン(1920年代)
d0047662_0524129.jpg
なんとも色気のないtoolではないですか?計量という作業に色気などは必要ないのです…。
d0047662_053060.jpg
しかしどうでしょう、使い古され枯れたそのスプーンには“時”という色気を感じますね…
[PR]
by roshibu | 2007-02-19 01:19 | Antiques
Tea Sampler Tin Box
紅茶葉を入れる為のTin Box…数字で管理されていたのでしょう
d0047662_8302238.jpg
小さいながらにもしっかりと丈夫に作られています。
d0047662_8303786.jpg
今日は朝から雨が強く降っています。今年はとうとう雪が見れませんでしたね…
[PR]
by roshibu | 2007-02-18 08:47 | Antiques
動と静と黒
d0047662_7234765.jpg
やっとこバレンタインが終わりました…
毎年の事ですが、チョコレート臭い男満員電車で帰宅。。。職業が分からない人はきっとこの人チョコ好き?チョコレートの匂いの香水つけてる?男の人へのプレゼント?(←まぁ〜確かに当たってるけど)
隣に立っている人が急に私の顔を見るとなんだか恥ずかしい…大量のチョコレートを見ていたのでしばらく
黒い物を見る事に飽きてしまいますが…(クリスマスの場合は白)笑
d0047662_7425363.jpg
diptyque BAIESはカシスの葉とブルガリアローズの香り
黒いフォルムは静寂の一時を癒しの香りで私の労を労ってくれました…
やはり黒はいいですね(笑)
[PR]
by roshibu | 2007-02-14 07:56 | Slow Life
d0047662_19475764.jpg
すっかり傷も癒え(早っ!)こんなつまらない事をなんで載せてしまったのだろう〜と後悔しても
後の祭り…既にネットで世界中に配信してしまったわけです…だけど、沢山の方から励ましの言葉を頂き
嬉しいやら恥ずかしいやら感謝するわで…ありがとうございました。。。その後、
私「お腹が空いた」 tae「待てないなら自分で作れば!」と、御覧の通り我が家は通常生活に戻って
いますのでどうぞご心配なさらないでくださいね(笑)
d0047662_2094910.jpg

心に残った毒は次の毒を和らげてくれるでしょう…毒をもって毒を制す。
紫もまた同じ…
[PR]
by roshibu | 2007-02-09 20:41 | Antiques