Top

ANTIQUEと暮らす             スローライフ
by ROSHIBU
検索
カテゴリ
Profile
Slow Life
Interia
Antiques
Gardening
LONDON
LONDON/Collectibles
Cat
Collaboration
BOOK
LINK
以前の記事
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
FAVOURITE BOOK
掲載して頂いています
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
rotary whisk
d0047662_22154285.jpg
Kitchen Toolに色気が必要か?このrotary whiskはまるでエンジンがむき出しのアメ車みたいで男心をくすぐります…その姿に色気など微塵も感じはしないけど、間違いなく決められた歯車を回し自分の仕事をこなして来た姿に色気ではない魅力を感じます…料理には色気が必要ですが、色気と言うのは仕上げに行き着くまでの大事なプロセスを積んで完成されるもの…地味な計量や力仕事を抜きにして美味しい料理は出来ないのだと、industrial的なKitchen Toolに色気は必要ありません。
d0047662_2361673.jpg
この手のwhiskのほとんどが1800年代後半から1900年代アメリカ製が多いみたいです。
NEW YORKと刻んである歯車は今でも滑らかに回転し続きます…

<K&CLASSIQUEsにて>
[PR]
by roshibu | 2006-11-29 23:14 | Antiques
PENCIL
d0047662_23283952.jpg
鉛筆が発明されたのは今から450年前、イギリスのボローデル山で鉛筆の芯になるコクエンを発見した事から始まります。それから200年位経った後、山にコクエンの固まりがなくなってしまいました…。そこで山に残ったかけらや粉を集めてコクエンの固まりを作ろうと頑張ったのがフランス人のニコラスとドイツ人のカスパー、彼らはコクエンの粉と粘土を混ぜて高温で焼いて鉛筆の芯を発明したのです。そしてその技術は250年経った現在でもほとんど変わらない製法で作られているそうです…。話は変わって鉛筆1本でどの位書けるかとご存知ですか?直線にしてなんと!50キロメートルも書けるそうです…
この鉛筆はおじいちゃんですが、まだまだ現役!戦時中の物だろうこの鉛筆は塗料さえも贅沢な時代に作られました。木と鉛で出来たシンプルな鉛筆には歴史を記してもらいたい…。
[PR]
by roshibu | 2006-11-26 23:58 | Antiques
2つのmarket
d0047662_2325712.jpg
行って来ました!目黒のkarfと渋谷にあるL'OISEAU BROCANTEへ…もちろんRudiさんとミヤワキさんのイベントと言うわけなのですが、大江戸とはひと味もふた味も違います。とくにkarfでは,最近OPENしたての3階[tres]“お気に入り”に囲まれて暮らす心地良さ…をコンセプトにしたキッチンコーナーでRudiさんがフランスやベルギー、オランダなどで見つけた味わい深い骨董の数々を展開しています(30日まで)目黒通りは言わずと知れたインテリアストリート、散歩がてらに寄ってみても宜しいのではないでしょうか?何も買わなくてもいいと思います。(スンマセン!)本物を見る機会をお見逃しなく…見ているだけで心が豊かになります。気になる物があればRudiさんに聞いてみてください…きっと親切におしえてくれますよ!
(恐らく自ら欲しくてたまらなくなるでしょうけど)笑
2時間もお店に居座ってしまいました…申し訳ないです〜相変わらず大きな買い物は出来ませんが本物に触れる、本物を見れる喜びを満喫してきましたよ
d0047662_2340272.jpgd0047662_2341147.jpg
d0047662_23423961.jpg
そして、yokoさんに頂いた激旨ブタキムチマンを頬張りながら渋谷のロワゾブロカンテへ!さ、さすが…ミヤワキさんの集客力はココでも変わらず〜場所柄、若者が群がっていて忙しそうなので写真をじっくり撮れず…ココは店員さんも凄く親切でお洒落!洋服の他にインダストリアル系家具も良心的なお値段で充実しております(実は狙っている物が…)ミヤワキさんワールドも炸裂で同じく30日までです!
[PR]
by roshibu | 2006-11-24 00:01 | Slow Life
ガラスの瓶
d0047662_2393357.jpg
d0047662_23153580.jpgBROCANTE ANTIQUESで出会った、久々のJUNKテイスト!
アメリカ物でオイルの入っていたガラス瓶です。分厚いガラスに斜めになってしまった内底…肩の凝らない自然体がいい!
太田氏曰く「僕はガラスには自信があるんです!」その人が引き寄せる力はその人に寄る。ましてAntiqueは出会う物…お店に入りtaeと2人で最初に目が行きました。ガラスが持つ表情、ガラスが持つ色…この瓶は薄くグレーが入っている。透明な瓶にもそのものに寄って色々なニュアンスがあり、その物の個性となる。花瓶になるものはいくつあってもいいよね!
[PR]
by roshibu | 2006-11-21 23:42 | Antiques
古物の命
d0047662_1753643.jpg初めて目にした時の喜びと初めて手にした時の感動が全てを物語っている。コレクターの様な希少性やその物の背景が大きく価値となって関わって来るのは確かですが、その物に惚れる。そう…まるで恋愛の様な胸のときめきを感じてしまいます。素晴らしき骨董の仲介人Rudi氏に“古物の命”と題されたこの小さなデミタスカップは、少なくとも19世紀以前、コーヒーがフランスで飲まれるようになった頃、18世紀の物ではないかと…土や釉薬の感じや貫入からして1700年代、1790年頃作られた「物」だそうです…。我が家に来て二日目、どこに置くか悩んでいましたが今は私の机の上に置いてあります。椅子に座りフっと目を移すとしばらく見とれてしまいます…底が欠けているのは幾度とテーブルに置かれた形跡、飲み口の淵が剥げているのは幾度と唇が触れた跡…
憩いの一時にキスをして、そしてカウンターにカツン!と置き、振り返らず店を出る…そんな光景を思い浮かべたりします。そして小さな聖書…身に付けていたこの小さな携帯聖書は皮張りで、そして今にも剥げそうなページをめくると古物独特の匂いがします…ページの間には、前の持ち主のであろう栞も挟んでありました。これもまた素晴らしき古物の物語を想像させますね、ミヤワキ氏によるセレクトもカッコイイだけでない何かを物語っているものが多いのです…昨日は雨の中とても寒かったですが、この素晴らしい出会いをさせて頂きありがとうございました!嬉しい事にまだ続く次の骨董市まで、お2人ともshopでイベントを開く予定ですのでそちらからも目が離せませんね!
[PR]
by roshibu | 2006-11-20 19:36 | Antiques
再会と出会い
寒かった…なんで今日に限って雨が降るんだよぉー!などと天気を恨みましたが、
今日はそう、大江戸骨董市の日でした。もちろん私の大好きなRudiさん&ミヤワキさん目当てで出かけたわけです。朝から雨と言う天気予報でしたが、ほんの少しの可能性を信じて早起きして出かけてきました!家を出てすぐ友達のnyaさんに電話を入れるとnyaさんは既に車で向かってるそうで私達は電車なので現地で会う事に!駅に向かう途中ポツリポツリと雨が…どうにかもってくれぇ〜と祈りつつ40分後有楽町へ…いたいた!Rudiさんが手を振ってくれている〜再会を喜び握手をして頼んでいた品物を見せてもらう。。。メチャクチャ素敵だ!!本物を手にして感極まる〜(明日Up?と言う事は明日も休み?)雨が降り出して店を閉めてしまう前に…と思いミヤワキさんのお店にもすぐに向かう。やはり素敵な品揃い〜欲しい物は何点かあったのですが今日は雨、商品も出切っていないだろうから欲しい物は沢山あるけど、ココは心を鬼にしてグッと堪える…私の様な貧乏人の身の守り方(笑)ミヤワキさんのところでも可愛くお買い物…
そして、あの方と初対面!!RUSTIC WORKSのゆみさんです!(今日は楽しかったです)ギリギリまで悩んだあげく私の誘惑に負けたみたいで(笑)ゆみさんとはナチュラルガーデニング4で掲載して頂いた仲で、その他にもネコやTRUCK好きと共通点が沢山あって仲良くして頂いております!せっかくコチラへ来たのだからとtamiser、Lim Art、BROCANTE ANTIQUES、オルネドフォイユ、ロワゾーブロカンテとご一緒しました…(雨の中、お疲れ様でした)ゆみさん、又一緒に遊びましょうね!
d0047662_23381261.jpg
<写真はBROCANTE ANTIQUES>
まるで秘密のBROCANTE…お店の場所は凄くわかりづらいです(笑)店主の太田さんのお人柄、凄く和みます。。。居心地の良い空間はついつい長居してしまうでしょう〜
[PR]
by roshibu | 2006-11-19 23:53 | Slow Life
忘れた小箱
d0047662_22354544.jpg
何かを無くさないように小さな箱に閉まった…
しかし、その箱自体が小さくて箱ごと無くしてしまいました…
時が経ち、その小さな箱が見つかりました。何を入れたっけなぁ?と、箱の中を覗いてみると時計の部品が入ってました。その小箱はすっかり枯れてしまいましたが、あの時計の針は止まったままです。
年月が経っても本当はあの時のままですよね?。。。
枯れた小箱に何を入れたのか忘れたフリをしている自分がいました…
d0047662_2253626.jpg
タミゼで出会った小箱の話でした。
[PR]
by roshibu | 2006-11-17 23:22 | Antiques
小さなBasket
d0047662_20451862.jpg
小さなBasketを見つけました!なかなかこの大きさのBasketに出会った事がなかったのですが、
フラリと寄ったAntique Shopで見つけてしまったのです…。
それもこのカタチ!我が家にあるBasketの兄弟???
d0047662_2051047.jpg
1・2・3…と並んだ姿に出会った事への運命を感じちゃったりして。。。
あぁ〜参りました。。。Rudi&ミヤワキ貯金からの痛い出費…涙を飲む事になるのか!?
[PR]
by roshibu | 2006-11-16 21:04 | Antiques
木村タカヒロ展
正直、あまりお会いした事がないのですが…
血の繋がった従兄弟が活躍している事が凄く嬉しくてご紹介させて頂きます!
私にもこんな才能があったらなぁ〜
すばらしき感性の持ち主です!木村タカヒロ コラージュ新作展オフィシャルサイトはコチラ
d0047662_710141.jpg

[PR]
by roshibu | 2006-11-16 00:11
ちょい悪ネコ
d0047662_23315219.jpg

d0047662_23331662.jpg斜め前にマンションが建ってから冬の我が家の日照時間が
短くなりました…我が家は西向きでそのマンションが太陽を遮り陽が当たるのが今だと2時から4時前までで、一度暗くなり5時前にもう一度夕日が真っ赤に我が家を照らして
30分以内に沈む。。。だから休日の晴れた日は超忙しい!太陽が当たる場所が動く度にベランダの鉢達も一緒に動かす
少しでも太陽に当ててあげたいから。。。
来年10才になるLeonは日向ぼっこが大好きです。
あのクソ暑い(失礼)真夏でさえ日向ぼっこをしている位、
ちなみに私も真夏はベランダで日焼けを楽しんでたりして…(目をつぶると通り過ぎる車の音も波の音に聞こえる様にしています)そんな私達は
ROSHIBU APARTMENT303の変態男子チームです(笑)

短い陽を目を細めて眺めてるLeonの横顔が超COOL!
ちょい悪ネコっぽくて良い感じ〜
実際は超〜〜甘ったれなネコですが。。。
たまにはネコの親ばか日記もいいかな?(笑)
[PR]
by roshibu | 2006-11-14 00:08 | Cat