Top

ANTIQUEと暮らす             スローライフ
by ROSHIBU
検索
カテゴリ
Profile
Slow Life
Interia
Antiques
Gardening
LONDON
LONDON/Collectibles
Cat
Collaboration
BOOK
LINK
以前の記事
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
FAVOURITE BOOK
掲載して頂いています
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Interia( 10 )
盆栽 in APARTMENT 303
d0047662_2214591.jpgAPARTMENT303で撮影がありました!
記憶に残られている方も多いと思いますが、フジテレビ系列ドラマ「小早川伸木の恋」で盆栽の監修もなされたと言う
景色盆栽shinajina(品品)の小林健二さんの本の撮影でした。今、外国でも静かなブームが起きている「盆栽」日本人の持つ盆栽の固定概念ではなく、盆栽の景色のあり方を色々なジャンルのインテリアを通して紹介する本になりそうです。我が家はそのカテゴリーの中の1つ、JUNKテイストのインテリア(盆栽の景色)として協力させて頂きました。盆栽の魅力は、盆栽を取り巻く宇宙、その宇宙を形成している苗・器・土・苔…すべてのバランスが盆栽のもつ「美」だと言う事です。撮影時に小林さんも我が家を訪れて頂きました!色々と盆栽や苔、器についてお話を聞かせて頂き、改めて盆栽の魅力を感じる事が出来ました。
(ありがとうございます!)そして思った事、
Antiqueの器でブルーベリーの苗やオリーブで洋盆栽を作ってもいいかも…この本の編集をしているのは「美しい部屋」でお世話になった小橋さん!考えてみれば
今年1年、小橋さんの「美しい部屋」に始まり沢山の本に出させて頂きました…そして今年最後の撮影が小橋さんで終わるのも何かの縁かもしれませんね。。。
(本の発売まで大変でしょうが頑張って下さい!)本の発売日、詳細が分かりましたらまたご報告致します…。
[PR]
by roshibu | 2006-12-09 23:35 | Interia
Coffee TABLE
d0047662_104395.jpg
生き物は自然とバランスを保とうとする。
それは地球上の生き物すべてに当てはまるかどうかは分からないが、
地球が大きな生き物なのだとすると地球はバランスを保とうとそこに暮らす生き物にバランスを保つ様、遺伝子にプログラムをしているのではないか?
などとスケールが大きい疑問は私の様な頭の悪い人間が深入りして考えるレベル
ではなく、恐らくそれは神の領域なのかもしれません…
しかし、ふと身近な人々を見てみるとコンピューターのシステムエンジニアが仕事が終わった後ジムに通い筋肉隆々だったり、格闘技の選手がトレーニングの合間に読書などをしていたり、恐い上司の奥さんは恐妻だったり…背の高い彼女に背の低い彼氏、大食いなのに痩せている(←これは関係ないか)笑 なんだかそう考えると自分の行動や欲望などにも何かのバランスを保つ為の行動なのだとうなずける…
d0047662_11354919.jpg
我が家にやって来たコーヒーテーブル。
おもいっきり無骨で愛らしい…荷を運ぶ為に作られたこの荷台は数々のハードな仕事をこなして来ただろう、まさか余生を家具として暮らしたいとこの荷台が願っていたか分からないが、大事に使わせてもらおうと思います。
d0047662_1144284.jpg

[PR]
by roshibu | 2006-11-05 11:28 | Interia
長谷川 奈津

d0047662_2231873.jpg我が家の器のほとんどは和食器です。お洒落な洋食も良いですが、やはり日本人!
和食が一番安心します(笑)シンプルなTRUCKのTAMO TABLEにこれまたシンプルな長谷川 奈津さんの器は当たり前の様に馴染みます…何年か前、お気に入りの和食器を買おう!とtaeと話が上がりましたが、何が良くて何焼きがどうのとか陶芸家の事とか何も知らなくて、1冊の和食器の本を買いました。だけど読んでもやっぱり良く分からない。。。ならばと、
「いっせーのーせー」で指を指して決めようと(いいのか?)沢山の作品はどれも素敵でしたが「いっせーのーせー」で指を指したら2人で長谷川 奈津さんの器を指差していました…それがもっとすごい事に3ページを1ページづつ指を指したのですがどれも一致、それも3ページとも長谷川 奈津さんの器!名前は下の欄に小さく出ていたので指を指してから確認しました…
d0047662_223504.jpg
これは運命と言うしか言い様がないですよね!?(大げさかな)笑
それからと言うもの我が家の和食器は長谷川 奈津さんの器がほとんどです。
近頃Antiqueにハマり個展に顔を出さなくなりましたが11月に個展を開くそうで…久しぶりに足を運びたいと思います。そんな我が家の長谷川 奈津さんの作品の一部をご紹介します。
d0047662_2239336.jpg
粉引湯飲み
d0047662_22411356.jpg
粉引のお皿
d0047662_22475788.jpg
鉄釉と灰釉のお茶碗…手前が私ので奥の鉄釉がtaeのです。
d0047662_22582027.jpg
煮付け料理が生える大ぶりな器。
どの作品も長谷川さんの蹴轆轤で一つ一つ手作りで仕上げた器達です。
長谷川 奈津さんとは個展で運良く何度かお茶をご一緒出来ましたが、とても素朴で素敵な方でした…やはり作品にもそのお人柄が写し出されているのでしょうね…
[PR]
by roshibu | 2006-10-19 23:08 | Interia
Kitchen
d0047662_032714.jpg
長く眺めていても飽きない…そして主張しすぎない。
d0047662_062959.jpg
丈夫で長持ちで
d0047662_083518.jpg
料理がが楽しくなる…
そんなKitchen Toolを集めてるけど,肝心なKitchenが分譲時のままで格好わるい。。。
DIYはあまり気が進まないけど、いつまでたったもお金が貯まりません(笑)taeととりあえずKitchenの床にタイルを貼ろう!と計画中〜どうなる事やら。。。
[PR]
by roshibu | 2006-10-18 00:21 | Interia
記憶の隙間
d0047662_1133155.jpg
そうは言っても私も taeも英国好きですが、知らず知らずとフレンチテイストが我が家を占領して来ています…まぁー同じヨーロッパだし近い国のモノだから一緒に置いても目を伏せたくなる様な事はないですが、実際にその国に行ってその空気や生活習慣に触れて初めてその物の存在価値や背景が分かってディスプレイの奥深さや部屋の中で眺める時の豊かさが増すと言う物です。
d0047662_11393290.jpg
このフランスのキャンドルシェードはガラスの中に気泡が沢山入っている為キャンドルがまるで水の中で燃えている様…作った人がそこまで考えて作ったとは考えづらくその様に勝手に考える私はめでたい人(笑)何事もきっちり過ぎてはいけませんよ!隙間から新しいモノが見えるものですから。。。
d0047662_1149484.jpg
以前、たまたま目に入って購入したオレンジの香りのポプリ…フランスのcote' Bastide、我が家を訪れる人が家を後にする時、「いい香り〜」と喜んで帰って頂きます。私の記憶の中で、フランスの空気は擦れて来ましたが、薄曇りのクリニャンクールやルノートルで見たモナリザの頬笑み…あと、あと。。。なんだったけ?
[PR]
by roshibu | 2006-09-23 12:05 | Interia
& home
d0047662_23365360.jpg
自分達にとって心地良い暮らしを過したい!そんな夢を抱いてこのマンションを買ったのが3年前でした。一戸建てもデザイナーズマンションも買えないけど中古マンションならリフォームすれば、自分達らしい空間を作れるのではないか!?
d0047662_23535361.jpgそんな気持ちで物件を探していました。ある日、たまたま覗いた新築マンションの営業の方に話をした所、中古ではないですが新古の物件があるので覗いて見ては?と言われ、行ったのが、当時住んでいたアパートから歩いてわずか5分の場所でした。新古と言われたこの部屋はいわゆる内覧ルームだったもので、マンションを見学しに来たお客と営業マンが話をしたり商談をしていた部屋です。なので、一番最後まで売れ残っていたと言う訳です。値切りに値切り(笑)浮いたお金でリフォームと言うカタチでしたが、新古とはいえそこに住んでいた訳でもないので部屋は新品同様…それを住む前に壊してしまうのですから、バチが当たりそうだし、内心もったいないなぁーという気持ちでいっぱいでした。。。これから続くローンの事もそうだし。普通なら浮いたお金を返済や貯金に回すのでは?リフォームってこんなに勇気がいるとは!しかし、リフォームへの勇気と不安は工事が始まってからの方が数段上でした…だけど、結果的にはリフォームして良かったなぁーって思います。まだ部屋全部をリフォームは出来ていませんが、これから先、のんびりだと思いますが、残りの部屋をコツコツといじって行きたいと思います!そんなこんなで。。。この間、雑誌の取材がありました!7月15日発売の「&home」です!詳細はまだ分らないので.決まったら報告します。みなさん宜しくお願いします右上の写真はリフォーム前の写真です  roshi
d0047662_1155111.jpg

[PR]
by roshibu | 2006-05-15 01:17 | Interia
SLOW LIVING
d0047662_189412.jpg
たまには部屋の模様替えを〜  と、思ったけど…いじれるような部屋はLIVINGだけなので、どうしたものかとtaeとLIVINGを見渡すと目に付くのはやはりテレビ…
どうしてなんだろうなぁ〜テレビって部屋に馴染みませんよねぇ
ココ数年休みの日などテレビのスイッチを付けずに過す日が多くなって来ました。
ちょっと勇気を出してLIVINGからテレビを撤去!テレビが置いてあった場所に
F.O.Bで買ったTABLEを置いてディスプレイしてみました。BGMのJAZZが心地良く流れて、テレビがないのもいいもんだな…ゆっくりと時間が流れはじめました。    roshi
[PR]
by roshibu | 2006-04-29 18:42 | Interia
INDUSTRIAL
d0047662_713364.jpgインダストリアル…あまりにも無骨で存在感のある家具。良くジャーナルスタンダート系列のお店に行くとディスプレイや洋服などが陳列してある棚やイスなどに目が行きます。服などに一生懸命、お金を賭けていたあの頃。。。(なんかオヤジっぽい?)笑 いつしか服を見に行ってもお店のインテリアやディスプレイd0047662_7202257.jpgなどに目が行く様になりました。で、ずっと気になっていた工業系家具

(インダストリアル)どこで買えるのか?ずっと探していました3年前、目黒で偶然(写真上)アーカイヴと言うお店を知りました。その頃は3店舗あったのですが残念ながら今は目黒郵便局近くのこのお店しかありません。このお店に初めて入った時の衝撃は今も忘れません!ヨーロッパの工場などで使われていた労働者の為の家具、そこには仕事と同じで甘さはみじんにも感じられません。d0047662_7301038.jpg今ではこの手の家具を取り扱うお店が増えて来ている反面、昔のモノ近年のブームもあって少なく、手に入りづらい様です。カッコイイのだけどあまりもの存在感ゆえに自宅のインテリアに馴染むかは心配でしたが、絶対1つは欲しいと奮発したのが私が今、愛用しているイスです。このイスはイギリス系のフランス物だそうで、1930年代だそうです!座り心地は?。。。。


roshi
[PR]
by roshibu | 2006-04-26 07:38 | Interia
LIVING
d0047662_2342558.jpg

我が家はよくあるファミリー向けのマンションの内覧ルームとして使われていた、
要するに一番最後まで売れ残っていた部屋を新古と言うカタチで新品より少し安く
購入しました(35年ローンで)笑
もともとは、taeと結婚して6年間、北向きの1Kのアパートに人2人猫2匹で超〜過密に生活をしていたわけです…いつか自分の家を!一軒家はむずかしいなら中古マンションを購入してリフォームすれば、マンションでも自分の好きなカタチに出来るじゃないかと目論んでいたわけです。結果的には中古ではなく新古というカタチになりましたが小さい夢は叶いました。
d0047662_23584511.jpg安く値切った分でリフォーム、内容は日本間を壊しリビングと繋げる事と床を無垢材に張り替え、壁紙を剥がして吹き付けに、ついでに建具やドアーも吹き付けてもらい、ベランダにもリビングと同じ高さで無垢材を敷いてもらいました。細かくは後、何点かありますが,そんな形でリフォームしました。それとずぅーと大事にファイルしていたTRUCKの家具を!これで我が家のシンボルマークのリビングが出来上がったわけです!d0047662_074126.jpgまだまだリビングだけですがこれから先、ゆっくりとココで暮らし、だんだんにその時の感性に任せて、他の部屋も自分たちの好きなカタチにして行きたいと思います。。。
(←)せっかく広くなったのに昔の名残りでしょうか(笑)



roshi
[PR]
by roshibu | 2006-04-21 00:23 | Interia
「美しい部屋」
6月7日発売の主婦と生活社「美しい部屋」大特集「細切れはもう古いリフォームでワンルームに、開放を手に入れる」と言うテーマで我が家が掲載される事になりました!

ライターの小橋さんは超スーパーウーマン!
つい最近も「花を楽しむfrom COUNTRY HARVEST」雄鶏社を出版したばかり。

主婦と生活社の大橋さんは可愛らしい方なのですが、出版社で凄い実力者だとか!

カメラマンの安倍さんは、カッコイイ!て感じの女性。ちはるさんの本をほとんど手がけていて、憧れのTRUCKのオーナー夫妻やグリーンフィンガーの川本さんとも
知り合いだそうです。

なんか、凄い面子じゃありませんかぁ!?撮影当日、早起きしたかいがありました…
前日は凄い強風でベランダの鉢を全部、避難してあったので約束の時間まで
バタバタ〜

撮影の方はスムーズに?(ちょっぴりハプニングはありましたが)笑
ライターの小橋さんもカメラマンの安倍さんも大のネコ好きもあって撮影中は
ネコ話で大盛り上がりでした。
大橋さんもネコを飼うか犬を飼うか迷ってたらしいですが、おそらく仲間入り
するでしょう??
とにもかくにも楽しみです〜
小橋さん、大橋さん、安倍さん、ありがとうございました。

roshi
d0047662_22271986.jpg


[PR]
by roshibu | 2006-03-26 23:14 | Interia